excitemusic

(旧)木場ハイキング倶楽部              since1996     
by shiba_hike
ICELANDia
メモ帳
芝ハイキング倶楽部改め芝温泉倶楽部への危機からの脱出を図っています。その割には家内手工業的な活動に終始していますが。。      よし、今年はがんばるぞ!?
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アラスカ再び(その4)

5年前、シアトルからフェアバンクスを目指すアラスカ航空のジェット機は朝日に染まるマッキンリー(デナリ)の上空を飛びました。窓際の空席からその雄姿をフィルムに納めることができました。
f0062906_950246.jpg

マッキンリーというと誰を思い浮かべますか?
大抵の方の口からは下山後に遭難したと言われる植村直己の名がでます。でも私は植村の5年後に同じく遭難した山田昇が印象に残っています。山田昇は当時ヒマラヤ8千メートル峰14座中9座に登っていた登山家です。佐瀬稔著『ヒマラヤを駆け抜けた男:山田昇の青春譜』がお薦め。山田の岳友だった大蔵喜福(椎名誠の探検隊物に登場する、たわし髭の登山家)もこの山の気象観測を10年も続けたことで有名です。

というような思いもあり、今回は現地でデナリ遊覧飛行ツアーを申し込みました。アラスカの人々は英語名のマッキンリーではなくデナリ(偉大なもの)と呼びます。1日かけて北極圏を訪問する格安なツアーも魅力的でしたが、やはりデナリを間近に見たかったのです。

朝9時にホテルを出発し、2台の車に分乗し空港へ。
f0062906_951418.jpg

参加者は13人。仲良し6人組みと我々が乗る7人に分かれました。セスナと言ってもコクピットを除いた8人乗りの双発機です。操縦士は一人。航空郵便あがりのパイロットという感じです。
f0062906_9512732.jpg

昔、グランドキャニオンで乗ったビーチクラフト機に比べれば小ぶりですが、エンジンの音の大きさは同じです。同じようにヘッドホンを装着します。特にアナウンスがあるわけではありません。
f0062906_9521425.jpg

デナリはフェアバンクスとアンカレジの中間にあります。フェアバンクスからは南西の方角へ下がっていくことになります。
f0062906_953199.jpg

30分ほどはただひたすら雪原というか氷原の上を飛びます。あまりに景色に変化が無いのに驚きます。
f0062906_953315.jpg

正面にデナリの山群が見えてきてからもかなり飛びます。
45分くらい飛んだころに山の正面に出、左に旋回してから右回りで横にデナリを観ながら飛びます。
f0062906_954266.jpg

最初は南斜面を見ながら、西斜面、北斜面と時計回りに飛んでいきます。
f0062906_9542460.jpg

f0062906_9551938.jpg

f0062906_9553443.jpg

たまに機体を右に傾かせます。こうすると翼がファインダーから消えて良い写真が撮れます。これはパイロットのサービスですが、この時点で悶絶する乗客が発生します。
f0062906_956079.jpg

f0062906_9565158.jpg

f0062906_9571536.jpg

ぐるりと半周してから旋回して逆回りにまた半周。今度は反対側の窓から良く観れるようにということです。機内を振り返ると後部座席に座った4人はとっくに気絶していました。
復路は静かな沈黙が流れる機内でした。ひとり寂しく氷河を眺めました。
f0062906_957416.jpg

もう1機に乗っていた仲良し6人組は誰一人酔うことが無かったそうです。パイロットのサービスが悪いじゃないの?
[PR]
by shiba_hike | 2012-02-29 10:02

アラスカ再び(その3)

オーロラ一挙公開です

ツアーでは、1日目はスキーランド、2日目はチェナ(温泉つき)、3日目が牧場。オプションで4日目にオーロラ小屋へ行きました。


スキーランドはその名のとおり、スキー場の頂上にあるロッジです。オーロラ観測なのに窓の無いロッジでした。
この日は、薄いオーロラが短時間出ただけでした。写真には緑色のオーロラが写っていますが、肉眼では明るい雲程度にしか見えません。
f0062906_23215164.jpg

煌々と明るい月が出ているのでよけいに観づらいのかもしれません。写真に写った空は昼間の青空のようです。カメラの詳しいガイドさんに聞くと、フィルターを付けないとプロでも青空のように写ってしまうので仕方ない、ということです。ツアーは11時から2時までの3時間程度です。ちょっとがっかりして帰りのバスに乗り込みました。この日は4時ころにまともなオーロラが出たそうです。


二日目はチェナ。ここは5年雨に来た時、2泊しています。温泉も良かったし、良いオーロラも見えた場所です。
この日は早めに着いて食事。殆どの人が雪上車に乗って離れた山頂で観るそうなので、我々はゆっくり温泉を楽しんでから小屋で待ちました。ここは、セスナの飛行場が観測場所になります、出るまではアクティビティセンターという小屋で待ちます。前回は無かった大窓の観測部屋が出来ていて、そこで居眠りしながら待ちます。
12時半ころ、余所のツアーのガイドさんが、皆さんお待たせしました!と声をかけてくれました。
弱い光が徐々に強くなり、いつの間にか頭上で乱舞していました。カメラはマニュアルにして無限大にセットしたはずが超ピンボケに写っていました。パナのレンズはちょっと使いにくいなあ。
f0062906_23223933.jpg

f0062906_23232576.jpg

f0062906_23235037.jpg

三日目はシャンダラーランチという牧場にある観測ロッジでした。
ロッジへ近づいたとき、バスの車窓からオーロラが見えていました。牧場への道が細いのでバスから数分歩きます。いい感じです。

11時ころにいいのが出ました。それからしばらく音沙汰無し。

1時からネイティブ(イディアン)のダンスショウをやるとの事。半数の人たちがショウを見物していますが、残りは外でオーロラ待ち。それまで暗くしていた部屋の灯りを点け、インディアンの太鼓が聞こえてきます。空には月が煌々と光っています。私の近くにいた大阪のおばちゃん4人組の怒ること。怒鳴り込んで灯りを半分消させました。アメリカでも大阪のおばちゃんは強い。

そんな騒ぎの1時半、出ました。右から左から、まさに天空のショウです。
f0062906_23242152.jpg

カーテンがひらめくように凄いスピードで動き回ります。
f0062906_23244865.jpg

いつしか真上まで広がり、首が疲れるほどでした。
f0062906_23253373.jpg

f0062906_2327051.jpg

f0062906_23271539.jpg

f0062906_23273927.jpg

f0062906_23363438.jpg

f0062906_23384464.jpg
昨晩よりまともに撮影できました。月が出ようが、インディアンが踊ろうが、素晴らしいオーロラには関係有りません。
[PR]
by shiba_hike | 2012-02-26 23:31

アラスカ再び(その2)

アラスカの気温について話します。

アメリカでは華氏で温度を表します。華氏・摂氏を変換する計算式がありますが、面倒なので大まかに示します。

華氏50度=摂氏10度
華氏40度=摂氏4度
華氏30度=摂氏-1度
華氏20度=摂氏-7度
華氏10度=摂氏-12度
華氏0度=摂氏-18度
華氏-10度=摂氏-23度
華氏-20度=摂氏-29度
華氏-30度=摂氏-34度
華氏-40度=摂氏-40度
華氏-50度=摂氏-46度
奇しくも、-40度というのは華氏も摂氏も等しく-40度だそうです。

詳しくは→ 摂氏華氏 

以降、華氏はF、摂氏はCで表します。

フェアバンクスでは、今年は-40Fになるかどうか、というのが時候挨拶のようになっているそうですが、日本だと、今年の熊谷は40C(摂氏)いくかな、という感じですね。、

フェアバンクスへ到着した日は5F(-15C)でした。
現地ガイドの女性が言うには、この数日、非常に暖かく、アラスカの人々は春が来たようだと口々に言っているそうです。しかし、一週間前までは連日、-50Fの日が続き、アラスカでも滅多に無い寒さだったそうです。
f0062906_22174557.jpg

アンカレジから来たという別のガイドは、ここ十数年、凍結したのを見たことがないアンカレジの河まで凍結してしまいアンカレジの住民も驚いていたそうです。アンカレジはアラスカの中でも一番南の方にあるので、フェアバンクスとは15度くらいの違いがあります。

二日目からホテルの車寄せの温度計は大体20Fでした。
f0062906_22183427.jpg

しかし、郊外へ行くと気温は確実に下がります。チェナなどでは0Fほどになり、オーロラを観ていると防寒靴の中の足指が凍えて痛くなります。それでも、睫毛が凍りつくというようなことは今回はありませんでした。。

今回のフェアバンクスは前回のアンカレジくらいの感覚です。コートまたはジャケットを1枚省いてOKとなります。5年前、ダウンタウンのスーパーの前で撮った写真には、-26Fと写っています。
f0062906_22221514.jpg

[PR]
by shiba_hike | 2012-02-21 22:25

アラスカ再び(その1)

5年ぶりにアラスカへ行ってきました。
今回はカテゴリー分けしてレポートしたいと思います。
その1、ツアーのあらましを紹介します。

2012/2/5、成田からのチャーター便でフェアバンクスへ直行(往復)。出発は日曜の夜8時。フェアバンクス着が朝の9時。7時間弱。帰りはフェアバンクスを12時発。成田に金曜の昼2時着です。前回はシアトル乗り継ぎでチェナ(温泉)2泊、フェアバンクス2泊、アンカレジ1泊でしたが、今回はフェアバンクスに4連泊です。
f0062906_23204337.jpg

1日目は、フェアバンクス空港に到着後、空港のキャパが小さいので入国までに1時間半くらいかかります。そして市内観光。アラスカ大学博物館見学、中華料理屋で昼食。石油パイプライン見学、フレッド・マイヤー(スーパー)で買い物。最後はダウンタウンの公園。で、ようやく15時になりホテルへチェックインです。
ダウンタウンの外れにあるウエストマークホテルという中級のホテルでした。ホテルで夕食(鮭のステーキ)を食べ、22時にホテルを出発してスキーランドというスキー場のロッジで2時までオーロラ鑑賞。ホテルへは3時前に到着です。

2日目。フレッド・マイヤーで買ったパンとチーズの朝食。
昼飯を食べにダウンタウンまで出ました。この日はオーロラ鑑賞がちょっと離れたチェナなので16時の出発です。チェナには17時半前に到着。ステーキの夕食。
オプションで雪上車に乗って離れた山頂を目指す人達がほとんどで、我々は水着に着替えてゆっくりと露天風呂を楽しみました。小屋で待機してセスナ用飛行場で2時までオーロラ鑑賞。ホテルへ帰ったのは3時過ぎでした。

3日目はマッキンリーへのフライトというオプションナルツアーが9時出発のため、7時に起きて朝食を食べます。飛行場までは30分くらい。フライトは2時間くらいでした。ホテルのレストランで昼食をとり、タクシーでフレッド・マイヤーへ。夜はまたまたオーロラツアー。22時に出発してシャンダラーランチという牧場の小屋へ。

4日目は、オプションでスノーシューに参加しました。
13時半に出発して郊外のロッジへ。偶然にも、ここは5年前にオーロラ鑑賞に来た日本人の熊谷夫妻が経営いるロッジでした。いったんホテルへ帰りますが、夜のオーロラ鑑賞(4日目はオプション)もこの小屋です。最終日はホテルを9時に出て空港へ向かいました。空港までのバスからは日の出が様子がずうっと見えていました。14時に成田に到着。犬達を拾って帰宅です。

to be continue
[PR]
by shiba_hike | 2012-02-20 23:23