excitemusic

(旧)木場ハイキング倶楽部              since1996     
by shiba_hike
ICELANDia
メモ帳
芝ハイキング倶楽部改め芝温泉倶楽部への危機からの脱出を図っています。その割には家内手工業的な活動に終始していますが。。      よし、今年はがんばるぞ!?
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ハイカー、川へ漕ぎ出す

朝はまだ梅雨の鬱陶しい雨がそぼ降っていましたが、寄居町の玉淀(長瀞の下流です)というところへカヌーの練習に。
8月に「クーネル」とうアウトドア集団に所属するベテランカヌーイストと一緒にカヌーキャンプに行くことになっており、カヌー教室兼管理人の所有するカヌーの点検。カヌーを漕ぐのは数年ぶり。しかも川は初めてです。今回は、8月に同行する我等がT石隊員と管理人の家族も参加。久々のハイキング倶楽部の公式活動は地に足の着かないカヌー乗船となりました。
河原は色々な型のカヌーで一杯でした。挺身の短いポリエステルのスラローム艇が多く、ここで腕を磨いてから上流の長瀞へ行くのでしょう。カヌーイスト達は練習の合間にバーベQやりながら休日を楽しんでいます。
f0062906_11435319.jpg

「クーネル」関係の方々が子供連れで数名。既にタープの下にテーブルや椅子が並んでいました。まずは、管理人のカヌーの組み立てです。「ALLY」というオープンデッキのカナディアンタイプですが、アルミフレームの骨格をつないで組み立て行きます。船体の大きさは、長さ5m幅1mと意外と大きいのです。また、アルミフレームはガタが出ないようにゴムヘッドのハンマーで叩いて固定していきます。これ、ひとりでやると40分から1時間かかりますが、「クーネル」メンバーの手際よい手助けで30分で完成しました。組み立てながら、「これが大変だから、普通のカナディアンに買い換えたんだよなぁ」と口々に言ってました。カヌーの組み立てだけで大汗です。練習前なのに、まずは組み立て完成を祝ってビールで乾杯。
f0062906_11443121.jpg

玉淀というくらいなので、川の100mくらいが流れの緩い淀みになっていますが、上流と下流は流れの速い瀬になっています。まずは、ベテランカヌーイストから初歩的なオールの握り方、前進・後退の仕方などを教授され、それぞれ乗り込んで漕ぎ出します。しかし、初心者の群れはカヌーの操縦ままならず、くるくると円を描きながら下流へ流されたりします。あるボートではパドルさばきの事で危うく夫婦喧嘩に。
f0062906_11475049.jpg

午後の部はたらふく飲み食い後にパートナーを取り替えて再び練習にいそしむ。T石が後部座席に陣取って上流目指していざハイキング倶楽部号の出発。さすがT石の豪腕にまかせた推進力は並ではない。あっという間にUターン地点に。ここで何を思ったかU字の内側に2本のパドルが、、あぁぁぁぁ。船体の横腹にまともに水圧を受けて、あえなく轟沈。
ひっくり返った船体を一度は立て直そうとしたが失敗。ライフジャケットを着けているものだから川の中をプカプカと流されます。
f0062906_11451435.jpg

すると、あっという間にカヌーの群れが救助のために近づいてきた。ベテランカヌーイストは自分のカヌーの上に我々のカヌーを引き上げて水抜きしている。で、酔っぱらい二人組は為す術もなくプカプカ流されるのでした。いやぁ、ライフジャケットの浮力って凄いです。着けていなかったら溺れていました。管理人はほぼ金槌ですから。
f0062906_1146163.jpg

さて、厳しい訓練を乗り越えて、8月の本番は裏磐梯の小野川湖にてカヌーキャンプです。カヌーにキャンプ道具を積み込んで、カヌーでなければ行けない岸辺を目指すのです。乞うご期待。
f0062906_11481532.jpg

今回、参加いただいた「クーネル」の皆様と泳ぐ犬。

[ALLYについての詳細はこちら]
[PR]
by shiba_hike | 2007-07-22 23:40