excitemusic

(旧)木場ハイキング倶楽部              since1996     
by shiba_hike
ICELANDia
メモ帳
芝ハイキング倶楽部改め芝温泉倶楽部への危機からの脱出を図っています。その割には家内手工業的な活動に終始していますが。。      よし、今年はがんばるぞ!?
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

山行計画

今年の夏は山へ行けそうだ。
しかし、メンバーの都合もあってお盆休みの頭に谷川岳へ。夏山というと、7月の下旬に行くことが多かったが、今年は梅雨が長引きそうなので、かえって良かったかもしれない。
谷川岳は、5年ほど前にメンバー3人で行った。谷川岳といってもヘルメット被ってザイルを使うようなハードな岩登りではない。ハイキング倶楽部の名に恥じぬよう、安全なトレッキングだ。
湯桧曽川沿いに行き、蓬峠にテント泊。翌日、谷川岳の山頂へ向かう初心者コース。
前回は、蓬峠のテント場で明け方から雷雨。出発時刻になっても雷雲は頭上から去らず、盛んに近くに落雷(と言っても見えた訳ではないが)。太平洋と日本海の両方の天候の影響を受ける谷川岳ならではの荒天に出くわしてしまった。
雨の中テントを撤収し、ひたすら下山するが、雷が追ってくる。ジャンケンで負けてテントポールをザックにくくりつけた者は避雷針を背負っているようなものだ。
途中の小さな沢は増水し、岩がガラガラ音を立てて流れていく。いわゆる土石流だ。岩と岩がぶつかりあい、火花を散らし焦げ臭いにおいが漂う。
普段だったら石を伝って渡れるような沢だが、とても越えられる状態ではない。ここで、待つこと1時間。ようやく雨はあがるが、水は引かない。さらに1時間待ってようやく渡る。
帰りは越後湯沢駅で温泉に浸かり、死ぬほどビールを呑んで大満足の山行となったが、これまでで一番怖い目に遭った登山だった。
今年は、そのリベンジ。コースは楽なので、あとは天候の安定を祈るだけ。
台風がこなけりゃ良いが。
[PR]
by shiba_hike | 2006-07-23 22:53

食料事情

我々の初期の食料は貧しかった。何泊しようと、大半を占めるのはインスタントラーメンだった。しかし、山行にも馴れてくると食料にも個性が出てくる(特別な事でもないかぎり、食料は個人持ちなのだ)。
自分の食料は自分で背負うため、体力のあるメンバーは、レトルトカレーでもサトウの御飯でも釜飯でも好きな物を食べられる。
管理人は、元々パスタ好きなため、食料の大半はスパゲッティが占める。パスタは典型的な乾燥食品であり、軽量化にも寄与する。最近は、スパゲッティソースを作るメーカーも増え、選択肢も多くなってきた。ソースは基本的には、バジル・トマト・ニンニクが中心。それと和風のタラコ類。クリーム系はバテた時には駄目なことがある。これをテントの中で作る物だから、美味そうな香りが充満する(あ、基本的にテント内の炊事は禁止だけど、雨の日は仕方無し)。

昔は、長いスパゲッティを半分に折って持っていったが、最近は最初から短いものを売っている(昔も短いものは売っていたが、サラダ用の細いやつだった)。
ソースも多種多様で、近所のスーパーやコンビニでも買え、山用にわざわざ買いに行かなくてもいいのが嬉しい。
f0062906_22321398.jpg

飽きた時と非常用にインスタントラーメンも一食は持っていく。かなり前にマルちゃんの天ぷら蕎麦が流行ったっけ。
初期の頃は、昼飯にも湯を沸かしてラーメンをすすっていたが、ここ数年はパンやウィダーなど、行動食が基本。パンの場合は、何故かチョコ味が人気だ。
忘れてならないのが酒。これはアルコール度数の高い物が基本。燃費が大切。たま~に、日本酒を持ってくるバカタレがいるが、甘い酒は不人気もいいところだ。
そして酒の肴の定番は、麻婆春雨。永谷園でも味の素でもどちらでも良い。これが無くては始まらないのだ。

当然、炊事用具はパスタを食べることが目的になってくる。
左の鍋は700cc。一人前茹でるのに丁度良い。500ccのガスカートリッジがピタリと入る。
フライパンは、茹でたパスタとソースを和え、そのまま食器となる。勿論、麻婆春雨もこれで。
ちょっと珍しいのは湯切り用のザル。パスタには必需品。奮発して、高いのを買った。
プラスチック製のカップは、インシュレーションが入った保温カップ。専用の蓋が欲しい。
チタンのシェラカップは取り皿にもなるが、金属臭が無いのでビールを飲むにも最適。
特筆すべきは、箸箱。昔はチタン製のフォークやスプーンのセットを使っていたが(あるテント場で紛失)、テフロン加工の炊事用具に傷は付くし、普段使っていないから使いづらいのだ。
けっこう多量の湯を沸かすため、バーナーは分離型の安定性の良い物に替えた。
f0062906_22325715.jpg

[PR]
by shiba_hike | 2006-07-17 22:28