excitemusic

(旧)木場ハイキング倶楽部              since1996     
by shiba_hike
ICELANDia
メモ帳
芝ハイキング倶楽部改め芝温泉倶楽部への危機からの脱出を図っています。その割には家内手工業的な活動に終始していますが。。      よし、今年はがんばるぞ!?
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アラスカ再び(その3)

オーロラ一挙公開です

ツアーでは、1日目はスキーランド、2日目はチェナ(温泉つき)、3日目が牧場。オプションで4日目にオーロラ小屋へ行きました。


スキーランドはその名のとおり、スキー場の頂上にあるロッジです。オーロラ観測なのに窓の無いロッジでした。
この日は、薄いオーロラが短時間出ただけでした。写真には緑色のオーロラが写っていますが、肉眼では明るい雲程度にしか見えません。
f0062906_23215164.jpg

煌々と明るい月が出ているのでよけいに観づらいのかもしれません。写真に写った空は昼間の青空のようです。カメラの詳しいガイドさんに聞くと、フィルターを付けないとプロでも青空のように写ってしまうので仕方ない、ということです。ツアーは11時から2時までの3時間程度です。ちょっとがっかりして帰りのバスに乗り込みました。この日は4時ころにまともなオーロラが出たそうです。


二日目はチェナ。ここは5年雨に来た時、2泊しています。温泉も良かったし、良いオーロラも見えた場所です。
この日は早めに着いて食事。殆どの人が雪上車に乗って離れた山頂で観るそうなので、我々はゆっくり温泉を楽しんでから小屋で待ちました。ここは、セスナの飛行場が観測場所になります、出るまではアクティビティセンターという小屋で待ちます。前回は無かった大窓の観測部屋が出来ていて、そこで居眠りしながら待ちます。
12時半ころ、余所のツアーのガイドさんが、皆さんお待たせしました!と声をかけてくれました。
弱い光が徐々に強くなり、いつの間にか頭上で乱舞していました。カメラはマニュアルにして無限大にセットしたはずが超ピンボケに写っていました。パナのレンズはちょっと使いにくいなあ。
f0062906_23223933.jpg

f0062906_23232576.jpg

f0062906_23235037.jpg

三日目はシャンダラーランチという牧場にある観測ロッジでした。
ロッジへ近づいたとき、バスの車窓からオーロラが見えていました。牧場への道が細いのでバスから数分歩きます。いい感じです。

11時ころにいいのが出ました。それからしばらく音沙汰無し。

1時からネイティブ(イディアン)のダンスショウをやるとの事。半数の人たちがショウを見物していますが、残りは外でオーロラ待ち。それまで暗くしていた部屋の灯りを点け、インディアンの太鼓が聞こえてきます。空には月が煌々と光っています。私の近くにいた大阪のおばちゃん4人組の怒ること。怒鳴り込んで灯りを半分消させました。アメリカでも大阪のおばちゃんは強い。

そんな騒ぎの1時半、出ました。右から左から、まさに天空のショウです。
f0062906_23242152.jpg

カーテンがひらめくように凄いスピードで動き回ります。
f0062906_23244865.jpg

いつしか真上まで広がり、首が疲れるほどでした。
f0062906_23253373.jpg

f0062906_2327051.jpg

f0062906_23271539.jpg

f0062906_23273927.jpg

f0062906_23363438.jpg

f0062906_23384464.jpg
昨晩よりまともに撮影できました。月が出ようが、インディアンが踊ろうが、素晴らしいオーロラには関係有りません。
[PR]
by shiba_hike | 2012-02-26 23:31
<< アラスカ再び(その4) アラスカ再び(その2) >>